住宅ローン

預金連動型の住宅ローンってどんな仕組み?

更新日:

オフィスのデスクより、

時折、住宅ローンのお話をしていると、お客様から聞かれることがあります。「預金連動型住宅ローンってどうなの?」と。

この商品が発売されてから、それなりに日が経ちますが、知らない人も多いかもしれないですね。しかし利用者からの評価は結構高いようです。昔は人気がありましたが、最近では少し下火になっています。

預金連動型住宅ローンとは?

預金連動型住宅ローンは、その名の示す通り預金残高に連動する住宅ローンで、預金残高と同額分の金利負担が0%になるというものです。

つまり2,000万円を借りて、預金残高が1,000万円であれば、金利は残りの1,000万円に対してのみかかるというものです。

この預金残高は普通預金なので、いつでも引き下ろすことも可能です。

取り扱う銀行によって諸条件は変わりますが、現金を手元に置いておきながら金利がかからないので、繰上返済と同じ効果が得られるというものです。

どんな人にハマる?

ただこの商品は、預金残高分に金利がかからないので、逆にかかる部分に対しては、通常の住宅ローンよりも少し高めに設定されています。なので、この商品がハマるのは比較的自己資金や手元現金が多い人に向きます。

現金はあるけども、何があるか分からないから現金は手元に置いておきたいという方には持ってこいです。

FPの視点からしても、現金をすべて使ってしまうよりも、何かあった時用として手元に置いておいた方が家計のリスク許容度が大きくなります。

どこの銀行が取り扱っているか?

取扱銀行はいくつかあり、有名なところだと一番初めに商品を発売した東京スター銀行や、関西アーバン銀行などが有名です。個人的には固定金利商品もある東京スターをお勧めすることが多いです。

返済手数料が無料で、諸費用も結構安く抑えられています。

いかがでしょうか? 王道な住宅ローンの商品ではないですが、ハマる人にはハマる独特の商品ではないでしょうか?

住宅ローン選びもお金の戦略

ここでお伝えしたいのは、住宅ローンを一言でいっても色んな商品があるということです。

住宅ローンの商品は日本で4800種類もあると言われています。金利もそうですが、細かい諸条件や審査でも色々違います。預金連動型とは反対に自己資金が全くなくても利用できる住宅ローンもたくさんあります。

借りる人の考え方であったり、ライフプランによってもどれがいいかは微妙に変わってきたりします。ライフプランやお金の戦略に沿った住宅ローン選びが大切なのではないでしょうか?

ただ膨大な数の住宅ローンを調べるのは相当骨の折れる作業なので、住宅ローンに詳しい担当者を見付けた方が早いかもしれません。

あなたにピッタリの住宅ローン、考えたことありますか?

宮田明典

P.S

ちなみに何故今この預金連動型住宅ローンが下火なのかというと、全体的な金利が安くなっているからです。この商品は基準金利が今も昔も変わっておらず、一昔前の金利水準だとかなり支払額にメリットがあったようですが、最近は周りの金利の方が安くなってしまい、一昔のような人気はなくなってしまいったと、東京スター銀行の担当者は言っておりました。

文中に出た東京スター銀行と関西アーバン銀行の住宅ローン詳細のリンクを貼っておきます。良ければ参考にしてください。

東京スター銀行:http://www.tokyostarbank.co.jp/products/loan/homeloan_starone/description/index.html#tab

関西アーバン銀行:http://www.kansaiurban.co.jp/shohin/loan/house/pe_6_22.html

LINE@友だち登録キャンペーン中!

今ならLINE@に友だち登録していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

登録後、「プレゼント」とメッセージを送ってください。


  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、多くの指名買いを受けている。

-住宅ローン

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.