リフォーム・リノベーション

中古戸建てリフォームで気を付けること

更新日:

オフィスのデスクより、

最近では中古住宅を購入してリフォームを同時に行うという方が増えてきています。

リフォーム済みなのに、さらに希望の間取りになるようにリフォームするなんてお客様もいらっしゃいます。

今回は特に中古戸建てのリフォームについて気を付けることを考えていきたいと思います。

ハード面での落とし穴

中古住宅は新築と比べ、立地や価格面において有利な物件も多く、自分好みにリフォームすることで満足感の高い住宅を手に入れることが出来ます。

しかし、ソフト面(内装)だけでなく、ハード面(外壁や構造等)においても注意点があります。

まず気にしておきたいのは中古戸建の建築年です。

キーワードとなる年数は、1981年、1999年、2003年です。

1981年は知っている方は多いと思いますが、耐震基準が大きく変わりました。

次に1999年には断熱性能が変わりました。

そして2003年には24時間換気システムがつけられるようになりました。

「耐震」については気を付けている方が多いのですが、結構抜けがちなのが「断熱」です。

耐震は有事の際にその性能を発揮するものですが、断熱は比較的普段の生活で性能を発揮します。

もし耐震性のある住宅であったとしても、夏は暑いし冬は寒い、なんてこともあります。

ただしすべての住宅で断熱性能がないわけではないので、インスペクションなどの住宅検査で天井や床下に断熱材が入っているかどうかを事前に確認して、無いのであればリフォームに含めるようにしましょう。

ソフト面でも注意が必要

築年数が比較的新しい中古住宅で、リスクのある住宅もあります。

一度過去の事例であったのが、比較的築年数の浅い住宅だったのですが住み始めてみると、1年ほどで壁紙の内側にカビが生えてきて、床もブカブカになったというもの。

これについては、人が住んでいない期間が長く、途中途中で換気をするなど適切な管理をされていなかったことが原因です。

人が住んでいる居住中の家ならともかく、空家の場合は、どのような管理をしてきたかも合わせて確認するようにしましょう。

中古戸建てでインスペクションが重要なワケ

僕自身、インスペクションは専有部に限られる中古マンションよりも構造や目に見えない部分も自分の責任になる中古戸建の方がその重要性が高いと思っています。

いくら見た目が綺麗であっても、外壁や屋根裏、床下、シロアリなどは、問題があると修復費用も多額に及びます。

特に問題が発生して、時間が経てば経つほど修復にもかかる費用が多くなるもの特徴です。

そうならないために、これまでの修繕履歴やインスペクションを通してなるべくたくさんの情報を事前に入手しておくことが、中古戸建てで特に気を付けておいた方がいいなと感じることです。

もしあなたも中古戸建をお考えであれば、事前にインスペクションだけはするようにしましょうね。

宮田明典

LINE@友だち登録キャンペーン中!

今ならLINE@に友だち登録していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

登録後、「プレゼント」とメッセージを送ってください。


  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、多くの指名買いを受けている。

-リフォーム・リノベーション

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.