知識・マインド 業者選び

住宅購入の成功に欠かせない3つの要素

更新日:

オフィスのデスクより、

住宅を購入したいと思う人にとって、住宅を購入することで得られることは何でしょうか?

我が家というお城が欲しい、家賃を支払わずに済む、資産になる。色々あると思います。このブログを読んでくださっているあなたも、きっと家を購入したいと思うキッカケがあると思います。

ただ日用品を買うのと違って、金額も桁違いです。人生で一番大きな買い物と言われるくらいですからね。いい買い物をしたいという気持ちと、失敗をしたくないという気持ちが入り混じるとても複雑の心境ではないでしょうか。期待感なんかもあったりするかもしれません。

この仕事をやっていて思うのですが、住宅を購入することは、ものすごく感情が伴う行為だと思います。漠然とした不安を持ちながらも、その理由にはっきりと気付いていない方もいらっしゃいます。

僕はプロとして、実際にお客様が安心して住宅を購入できるようにサポートさせていただいていますが、このブログを読んでくれているあなたにも、住宅購入のポイントを簡単に3つ、お伝えしたいと思います。

お金の戦略を持つ

このブログでも何回も書いていることなので、そろそろくどいと思わる方もいるかもしれませんが、本当に大事です。

漠然と不安感を持っている人の話をよくよく聞いていると、ちゃんとお金を払っていけるのか、老後は大丈夫なのかといった不安が根本にあったりします。

不安を解消する一番の方法は、見える化することです。よく不安に襲われている時は、何に不安に感じているのか書きだすといいとか聞いたことありませんか?

単なる資金シミュレーションでなく、あなたの人生をシミュレーションすることで、問題点に気付き、その上で解決策を立てておけば、その種の不安はぐっと収まります。

まず家を欲しいと思ったら、ライフプランからいくらぐらいが適正な予算なのかといったお金の戦略を一番に考えましょう。

リセールバリューの観点から物件を探す

リセールバリューとは買う時に売るときのことも考えるという発想です。これからは人口も減少し、家もどんどん余っていきます。

流通性のある家は、これからも適正な価格を保っていきます(むしろ上がることも)が、流通性のない家はそれこそ売りたくても売れない「負動産」になります。

これから家は「消費」でなく「資産」として考えなければいけない時代です。ライフプランの多様化や長寿命化によってこれからは、住み替えも増えます。

例えば同じ3000万円の家を買った人がいて、老人ホームに入りたいから家を売ろうとした場合に、2,500万円で売れるのと、500万円でしか売れない場合。

あなたならどっちがいいですか?

一生涯お付き合いの出来るパートナーの存在

住宅を購入するのは、不動産業界の仕組みから言えば、どこからでも同じ住宅を購入することが出来ます。

しかし、住宅を購入するうえで、不動産仲介業者が持つ役割というのは、実はとても大きいです。業者によって手数料は変わらなくても、サービスの差は実はとても大きかったりします。

先述の2点に関しても、まったくそんな話をしてこない業者の方が多いくらいなのではないでしょうか?

どうしても商品の性質上、家を買ってもらったらそれで終わりというところが多いですが、これからは長く付き合っていけるかどうかという視点で不動産仲介業者を探してみてもいいかもしれません。

長く付き合うと決めているところであれば、以上の2点は長い目で見ると必須のサービスになると思います。

簡単ではありますが、考え方としてお役に立てていただければ幸いです。

宮田明典

P.S

これらの話をより詳しく聞きたいなと感じるのであれば、是非「住まいとお金の勉強会」に参加してみてください。構成として、この3つのポイントをより詳しく解説しています。ネットには出てこない生の情報です。気になる方は以下のURLをご参照ください。

http://www.style-innovation.com/houseclouver-study

LINE@友だち登録キャンペーン中!

今ならLINE@に友だち登録していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

登録後、「プレゼント」とメッセージを送ってください。


  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、多くの指名買いを受けている。

-知識・マインド, 業者選び

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.