不動産

家を買ったのに転勤!あなたならどうする?

オフィスのデスクより、

先日、3年前に中古マンションの仲介をしたお客様からご相談がありました。

その内容とは「転勤が決まったのだけれども、中古マンションをどうしよう?」というものでした。

ご家族がいらっしゃる方で、単身ではなく家族で引っ越すとのことでした。

実際営業の現場では、かなりの方が家を購入して数年で、転勤によって家を売却しています。

仕事柄にもよりますが、もし。あなたならそんな時どうしますか?

今日は、このお客様のケースを例に挙げてこの時に感じたことをお伝えしたいと思います。(もちろんブログでご紹介する許可は得てあります)

辞令は突然やってくる!

法人の代表者である僕には、あまり関係のないことで恐縮なのですが、会社員の方は他人ごとではないかもしれないですよね。

定期的に転勤がある会社では、ある程度予測もつきますが、そうでない会社も多数あります。

この街でずっと暮らすつもりで中古マンションを購入したのに、ある日突然やってきた東京への転勤。

どちらかといえば栄転で、会社員としてのキャリアアップには好影響です。ただ、いつ戻ってこられるか分からなく、今あるマンションをどうしたらいいのでしょうか?という質問でした。

賃貸に貸すのか、売りに出すのか

そこでまず考えたのが、「賃貸に出すかのか、売りに出すのか」。

これは次の住まいの状況にもよります。住宅ローンを二重に借りることは基本出来ません。

その方はせっかくだから次も購入したいとのことでした。

実は3年住んだ中古マンションですが、査定では買った時よりも少し値上がりしていて、さらに住宅ローン控除で諸費用分も少しは戻ってきているので、それを考えると賃貸よりも断然得だったからというもの。

また引っ越すことがあるかもしれないけど、それでも資産性がある物件なら買った方が得だと感じたそうです。

ちなみに今の名古屋へも長期出張扱いになっていたので、手当等があまり増えないというのも理由の一つだったそうです。

どうなるか分からない状況こそ、資産性を重視

このお客様は、これから住み替えがはじまるので、また別の機会でどうなったかを、お知らせできればと思っておりますが、お客様に言われたのは、資産性を重視して買ってよかったとのこと。

実際買うときは、何となく「そうだよな」と納得して買ったものの、やはり売る時になってそのメリットが分かるとおっしゃてくれくれました。

どうなるか分からない人こそ、資産性や流動性を意識した住宅購入が大事なんだと改めて実感しました。

こういう時に査定だして、値段がかなり下がっていたら、本当に気まずい思いをしなければいけません。

そこまで考えて顧客に物件を進めている営業マンもそんなにいないと思いますが。

人生何があるか分かりませんよね。そう、あなたにも突然辞令が出るかもしれません。

宮田明典

***********************

住宅購入には資産価値も考慮する

≫ 不動産エージェント「HOUSECLOUVER」 ≪

***********************

住宅購入セミナー

知りたいことを検索してください

LINEで問い合わせや質問することが出来ます。友だち登録特典も盛りだくさん!


『家探し攻略Book』今だけ!無料プレゼント中!

動画で学ぶことができます。チャンネル登録して最新情報をGET!

全国の不動産エージェントが探せるサイトです

HOUSECLOUVER(ハウスクローバー)不動産エージェント

  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、数多くの指名買いを受けている。年間100組以上の相談をこなしている。

-不動産

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2021 All Rights Reserved.