知識・マインド

商談中って何?横取りしたり、されたりすることってあるの?

商談中

自宅の書斎より、

家を探していて、物件を問い合わせたときによく聞く言葉の一つに「商談中」があります。

私たち、プロは良く使う言葉なので、特に違和感なく使ってしまいますが、一般の方からしてみたら、ふんわりと分かるかもしれませんが、詳しく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今日は商談中の状況や、実際あなたが住宅を購入する時に商談中となったときにどんなことに気を付ければいいのかについてお話しします。

この記事は動画でもご覧になれます。
⇒ 動画で見る(Youtubeにジャンプします)

商談中とはどんな状態か?

商談中とは、買主から売主に対して「買付証明書」という書面が提出された状態のことを言います。

買付証明書とは、購入意思の表明です。

買付証明書には、名前や住所、日付、そして購入条件(価格や引き渡し日やインスペクションの有無など)を記載し、交渉をします。

基本的にこの交渉がまとまれば契約という状況ですので、契約に至る一歩前の段階と言えます。

横取りすることや、横取りされることは?

商談中ということなので、一般的には横取りすることや横取りされてしまう可能性は低いです。

しかし、契約をしているわけではないので、可能性は全くゼロではありません。

契約は法律行為になるので、色々縛りがありますが、商談はあくまで交渉です。

そもそも売主には契約相手を選ぶ自由があります。

つまり、商談していても、他の人に売ることもなんら問題ないわけです(道義的な問題はあるかもしれませんが)。

商談時に気を付けること

横取りができたり、されたりする状況は、商談をしている側としては、ぜひ知っておきたいポイントです。

事前に知っていれば、途中で誰かに横取りされるリスクも減らせます。

商談は、買付を出した順番に一番手、二番手と順番をつけていきますが、たとえば一番手の商談が入ったものの、まだ事前審査を通していなくて、二番手が事前審査に通っていた場合、二番手が優先されることもあります。

また一番手が価格交渉をしていて、二番手の方が満額で買付を入れるケースでも二番手が優先されることがあります。

通常は一番手に買いあがりをお願いします(買いあがりとは、二番手以上の価格に交渉金額を上げてもらうことです)。

しかし通例であって、必ずしもこのようにやらなければいけないというルールがあるわけではありません。

私の場合は、商談を入れるときに、売主や売主側の業者に二番手が出てきた時の対応方法を先に聞いておきます。

そうすると、いざという時のことも考えて、手を打ちながら交渉を進められます。

商談というのは、結構ドキドキすると思います。仲介に入る私ですらどうなるかヤキモキします。

それくらいデリケートな状態だからこそ、事前に色んなケースを想定しながら臨むようにしましょう。

宮田明典

住宅購入セミナー

知りたいことを検索してください

LINEで問い合わせや質問することが出来ます。友だち登録特典も盛りだくさん!

LINE@ 1カ月の集中学習プログラムを開催中!無料で参加できます!

今なら集中学習プログラムにご参加していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

プロが監修した、クイズ形式で楽しく学べるプログラムです。ぜひふるってご参加くださいませ。

『家探し攻略Book』今だけ!無料プレゼント中!

動画で学ぶことができます。チャンネル登録して最新情報をGET!

全国の不動産エージェントが探せるサイトです

HOUSECLOUVER(ハウスクローバー)不動産エージェント

  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、数多くの指名買いを受けている。年間100組以上の相談をこなしている。

-知識・マインド

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2020 All Rights Reserved.