不動産

買ってはいけない土地がある!?

オフィスのデスクより、

日本はご存知のように災害大国です。地震・津波だけでなく、台風や洪水に土砂災害など、気を付けるべき災害がいくつかあります。

マンションはともかく、地盤の影響を大きく受けると考えられるのが、一戸建てです。同じ災害に見舞われたエリアであっても、土地によって被害の大小が大きく変わったりします。

ここでは、どんな土地に気を付けたらいいのかをお伝えします。

住宅購入は最大の災害対策のチャンス

まず一番初めに覚えておいて欲しいのは、住宅購入は最大の災害対策のチャンスであるということです。土地にも災害に強い土地とそうでない土地が存在します。

住宅購入の時に、災害に弱い土地を購入することは、あまり賢い選択とは言えません。逆に災害に強い土地を選んで購入することは、家族の生命を守ることでもあり、資産価値を維持するために必要不可欠なことです。

ただ何となく、今まで住んできたエリアだからと、住む場所を選択する方もいらっしゃいますが、一度立ち止まって違う視点からも考え直してみてはいかがでしょうか。

目に見えない災害リスク

とは言っても、物件情報を見ているだけでは、災害リスクは分かりません。不動産業者も、積極的にそういった情報を教えてくれるとこは、はっきり言ってかなり少ないのではないでしょうか?

実際にここ名古屋市内でも、災害リスクを考慮すると、買わない方がいいエリアも存在します。そんなエリアを見極める方法ですが、市役所で公表されているハザードマップなどを確認するという方法があります。

その他、国土交通省が運営しているハザードマップポータルサイトが調べるのに便利です。⇒ 国土交通省ハザードマップポータルサイト

こうのように、誰でも見れる状態で公表されているデータなどを見るだけでも、ある程度の取捨選択は出来るのではないでしょうか?

Selfinを上手に活用する

自分でハザードマップを見るというのは理解できても、実際に見方が分からないとか、ゆっくり見ている時間がないという方もいらっしゃると思います。

そんな方にお勧めしたいのが、SelfinというWebアプリを上手に活用していただくことです。⇒Selfinの詳細はこちらから

SelfinとはAI(人工知能)が一瞬で物件の価値判断をしてくれるWebアプリで、実際に使って物件診断をすると、以下のような画面が出てきます。

そしてこの画面を下にスクロールすると、

このような問い合わせ画面があります。こちらからお問い合わせをいただくと、当社からはレポートを送付しております。(今のところ名古屋市とその近郊限定です)

⇒ レポートのサンプルはこちらから

このレポートでは、災害リスクだけでなく、近隣の成約事例や僕たちプロのエージェントのコメントも付けて送付いたしております。こんな便利な機能も上手に活用しつつ、物件探しをしてみてはいかがでしょうか?

宮田明典

P.S

レポートはシステム化部分があるとはいえ、人の手で丹精を込めて作成しておりますので、出来れば「ちょっと気になる」よりも「結構気になる」くらいの物件のお問い合わせをいただけると非常に助かります。

≫ AI(人工知能)が一瞬で物件の資産価値を判断「Selfin」

 

住宅購入セミナー

知りたいことを検索してください

LINEで問い合わせや質問することが出来ます。友だち登録特典も盛りだくさん!


『家探し攻略Book』今だけ!無料プレゼント中!

動画で学ぶことができます。チャンネル登録して最新情報をGET!

全国の不動産エージェントが探せるサイトです

HOUSECLOUVER(ハウスクローバー)不動産エージェント

  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、数多くの指名買いを受けている。年間100組以上の相談をこなしている。

-不動産

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2020 All Rights Reserved.