知識・マインド

なぜ古いマンションは「ペット不可」が多いのか?

オフィスのデスクより、

一般社団法人ペットフード協会で実施された「平成29年全国犬猫飼育実態調査」の結果によると、犬の飼育頭数は約892万頭で、猫は約952万頭ということでした。

昔は犬の方が多かったそうですが、最近の猫人気の影響でしょうか、猫の方が多いという結果になりました。合計すると1,844万頭と、もちろん多頭飼いする方もいるのでしょうが、日本人一人当たり1頭以上となっています。

そう考えるとペットがどれだけ僕たちの生活に浸透しているか分かるような気がしますね。そんな僕も亡くなって2年経ちますが、チワワを飼っていました。本当に癒される存在でした。

さて、そんなペット好きや実際に飼っている人も多いことから、中古マンションでペット飼育可の物件を探す方も多くなってきました。

意外と少ない「ペット可」物件

そんな方たちがぶつかる最初の壁が、ペットを飼うことができるマンションが思いのほか「少ない」ということです。実際他の条件がどんなにぴったりでも、ペットが飼えないばっかりにスルーすることは多々あります。

特に苦労するのは、予算が低めに設定されているケースです。※ちなみにここでいう「予算が低め」とは、予算そのものが低いという意味では無く、希望するエリアの中では相対的に低いという意味です。

なぜ予算が低めの設定だとペット可の中古マンション探しに苦労するのでしょうか?その次からはその理由を説明していきます。

古いマンションほど「ペット不可」が多い?

傾向からすると、古いマンションほど「ペット不可」の物件が多くなります。何故かというと、昔はペットを飼うのであれば一戸建てという風潮があったからではないかと考えています。

ここ最近は室内でも買いやすい小型犬がブームですが、僕が子供のころはどちらかというと真逆で、「シベリアンハスキー」や「セントバーナード」といった大型犬がブームでした。

犬といえば外で飼うもの。そんな常識が一般的であったころに出来たマンションは自然と「ペット不可」になっていったのではないかと考えています。

築浅のマンションの方が今の流れに合っている

そのエリアにおける家賃が相対的に低いと、どうしても価格が割安な築年数の経っている中古マンションが対象になります。しかし、このペットの時代の背景を考えると、古いマンションほど「ペット不可」が増えます。

逆に浅築のマンションはペットと共存しやすい環境が整っていて、エレベーターにペットを抱えて載っている時は、「ペット」というボタンを押せばペットが載っていることを外に知らせることも出来ます。

ペット同士が吠えあったり喧嘩になったりしないようにする配慮だと思います。また、ペット用の足洗い場が共用部に併設されていたりする物件もあります。

核家族化が進む中で、ペットが果たす役割というものも、変わってきているのかもしれませんね。もしあなたもペット可のマンションを探しているのであれば、参考にしてください。

宮田明典

************************

物件探しのパートナーに。お気軽にご相談ください。

>> スタイルイノベーションの仲介「HOUSECLOUVER」 <<

************************

住宅購入セミナー

知りたいことを検索してください

LINEで問い合わせや質問することが出来ます。友だち登録特典も盛りだくさん!

LINE@ 1カ月の集中学習プログラムを開催中!無料で参加できます!

今なら集中学習プログラムにご参加していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

プロが監修した、クイズ形式で楽しく学べるプログラムです。ぜひふるってご参加くださいませ。

『家探し攻略Book』今だけ!無料プレゼント中!

動画で学ぶことができます。チャンネル登録して最新情報をGET!

全国の不動産エージェントが探せるサイトです

HOUSECLOUVER(ハウスクローバー)不動産エージェント

  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、数多くの指名買いを受けている。年間100組以上の相談をこなしている。

-知識・マインド

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2020 All Rights Reserved.