不動産

お得な中古住宅・中古戸建ての探し方

オフィスのデスクより、

ここ最近、マンション価格の高騰から注目を集めているのが中古戸建てです。

しかし、中古戸建てというマーケットはプロでも満足に取り扱える人も少なく、その分勧めてくる業者も少ないため、イマイチよくわからないと考えられているところもあります。

正しい知識と経験豊富な不動産エージェントがいれば掘り出し物も見つかりやすいマーケットでもあるため、興味がある方はぜひ検討してみてください。

この記事では、物件をネットなどで探すときに、お得な中古住宅の見分け方をお伝えします。

この記事は動画でもご覧になれます。
⇒ 動画で見る(Youtubeにジャンプします)

土地と建物を分けて考える

不動産情報サイトなどを見ると、表記されている物件価格には土地と建物が合算された金額になっていますが、お得な中古住宅の見分け方は、土地と建物を分けて考えることです。

建物はまだまだ利用価値があっても、築年数によって0と評価され、土地価格だけで売られているような物件もあります。

しかし、実際ものを見てみると、管理状態がよく、リフォームをすればまだまだ利用できる物件もあります。

そんな物件が見つかれば、それはお得な中古住宅かもしれません。

ただし、実際に見てみると、本当に価値がないと思われる物件もあるため、経験豊富な不動産エージェントの協力も欠かせません。

土地価格の調べ方

土地価格はインターネットを利用すればおおよその価格は分かります。

よく利用される一つに国土交通省が毎年公表している公示価格を利用する方法があります。

https://www.land.mlit.go.jp/landPrice/AriaServlet?MOD=0&TYP=0

他にも色んなデータを検索することができるので、ぜひ色々見てみてください。

最終的には土地の形状や道路の方向や間口などで変動はしますが、おおよその目安が分かれば計算しやすくなります。

坪単価と㎡単価の表示がありますが、もし㎡を坪に直したいときは ㎡数に0.3025をかけると坪数になります。坪数から㎡数に直したいときは0.3025で割ってください。

そして土地の大きさとかけ合わせれば土地価格が出ます。

そこから物件価格から土地価格をひいて建物価格が割安なのかどうかを調べていきます。

最終的には経験豊富な不動産エージェントが必須

机上の計算でお得な中古住宅を見分けることはできますが、本当にお得なのか、そもそも建物の価値は考えない方がいいのかはプロの視点が欠かせません。

しかしどんな不動産業者でもいいわけではなく、経験や知識が豊富な担当者でないと、逆に失敗してしまうリスクすらあります。

ぜひあなたも中古戸建てをお考えなのであれば、このポイントをぜひ押さえたうえで物件探しをしてください。

宮田明典

P.S

全国の不動産エージェントが探せるサイトはこちら
⇒ https://houseclouver.jp/

知りたいことを検索してください

動画で学ぶことができます。チャンネル登録して最新情報をGET!

全国の不動産エージェントが探せるサイトです

HOUSECLOUVER(ハウスクローバー)不動産エージェント

  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

不動産エージェントが探せるサイト「HOUSECLOUVER」の創業者兼CEO。全国の優良な不動産エージェントのネットワークを構築し、住宅業界にイノベーションを起こす傍ら、自身も現役の不動産エージェントとして活躍。 相談件数は毎年2〜300人にもなるトップエージェント。 現在は東京エリアと名古屋市周辺エリアに対応。

-不動産

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2022 All Rights Reserved.