知識・マインド

マンションの内覧、見落としがちなポイント

更新日:

オフィスのデスクより、

今週の週末は黒川のマンションでオープンハウスをやります。

折角のオープンハウスなので、どのようにマンションを見たらいいのかを知っていただくのにもいい機会かと思います。

マンションを内覧するというと、どうしてもお部屋の内装や共用部の設備などに目が行きがちですが、実は重要であるにもかかわらず見落としがちなポイントがあります。

今回はそんな見落としがちだけど実は重要というポイントをお伝えします。

耐震性は大丈夫?

もともとマンションは地震には強いといわれています。

特に新耐震基準のマンションであればそれだけで盲目的に安心してしまいそうです。

しかし、新耐震基準のマンションであれば安心かといわれるとそうでもないのです。

実際、これまでの地震で倒壊したマンションの統計を見ると、旧耐震と新耐震のマンションで倒壊している率は実はそれほど変わりません。なぜでしょうか?

そもそもマンションの耐震強度は地盤を抜きにすれば、コンクリートと鉄筋の強度のみです。

鉄筋は引っ張られる力に強く、コンクリートはつぶされる力に強いため、このバランスによってマンションの強度は保たれています。

例えば、コンクリートに亀裂が入っていて雨水が侵入し、鉄筋が錆びていたらどうでしょうか?

こうなってしまうと耐震性そのものが低下します。

なので、新耐震基準かどうかももちろん重要なのですが、外壁に亀裂が無いかも見ておくべきポイントです。

住んでみて快適そうか?

専有部分ですが、どうしても見た目の綺麗さなどに目が行きがちですが、ここでも見落としがちなポイントがあります。

例えば携帯電話。物件によっては電波が入りにくくなったりするものもあります。

あとは匂いや騒音なども、時間帯や風向きによって感じ方が変わります。

土日なんかだと一通りが少ない場所でも平日になると近くに会社があったり工場があったりして雰囲気がガラッと変わる時はあります。

周辺にどんな建物があるか見てみるといいと思います。

また時間帯や曜日を変えるのもお勧めしたいです。

住んでいる人たちはどんな人たちか?

マンションは共同生活になるので、どんな人が住んでいるかはとても気になります。

内覧だけではなかなか分かりにくいことですが、共用部の自転車置き場やゴミ出し場などをみると、何となく住民のイメージがわきます。

整理整然とされているか、ごちゃごちゃしているかで、何となくですが予想は付きます。

出来ればマンション内の方にお話を聞いてみるといいと思います。

しゃべる人にもよりますが、かなりの情報が聞きだせたりします。

いかがでしょうか?

やはりずっと住み続けるようになるマンションなので、後からしまったというようにならないように、忘れがちなポイントも気を付けておくようにしましょう。

週末の内覧会では、これから探したいなと考えている方は、予行演習のような感じで見てもらうのもいいかもしれません。

宮田明典

ちなみに週末のオープンハウスの詳細です。あなたもこういう機会をどんどん活用していくようにしましょうね。

http://www.style-innovation.com/news/openhouse-20170408


LINE@友だち登録キャンペーン中!

今ならLINE@に友だち登録していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

登録後、「プレゼント」とメッセージを送ってください。

  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、多くの指名買いを受けている。

-知識・マインド

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.