不動産

どんな物件だったら値切れそう?

オフィスのデスクより、

何でも人は同じもを買うのであれば、少しでも安い方がいい。あなたもそうじゃないですか?不動産はそれ自体が数百万、数千万円するので、少しの金額も大きくなります。

そもそも不動産の値段交渉はしてもいいのか、と考える方もいるかもしれませんが、答えはイエスです。

不動産の価格は買主がこの値段で買います、売主がこの値段で売りますという合意が成り立った金額がその不動産の最終的な価格になります。

売りに出ている不動産はあくまで売り出し価格なので、値引き交渉をすること自体は問題ありません。

値段交渉が難しい物件

ただ値段交渉が出来るからと言って、闇雲に値段交渉をすればいいというわけではありません。

まず市場には希少物件や人気物件が存在し、そういう物件に思い切った値段交渉をしても、けんもほろろに断られるのがオチです。

駅前の角地や人気のあるマンション、最上階や庭付きの角部屋住戸。同じような物件が売りに出る可能性が低い物件や人気物件は売主も強気でいます。

名古屋でもこのような物件は存在しますが、新築分譲時よりも中古の方が値段が高かったりします。

しかもその値段で売れていくので、売主としては敢えて値段交渉してまで売らなくてもいいというようになります。

逆に買主にもこういう物件はメリットがあります。売るときに同じように強気で行けるからです。

価格交渉が比較的しやすい物件

逆に価格交渉がしやすい物件は、駅から徒歩15分くらいの大規模マンションの中階など、同条件の物件で売りに出ている物件が多そうなのは、話はしやすいと思います。

中には売り急ぐ事情の方もいるかもしれないです。だからといって、このような条件なら何でも交渉が出来るというわけではありません。

このような物件は成約事例も多くあり、ある程度の相場というものが存在しています。ここが不動産の難しいところ

他にも新着物件よりも長期間売り出されている物件は比較的値段交渉はしやすいです。売主も半ばあきらめていることもありますしね。

あとは特殊の事情がある物件。事故物件とか違法建築の類ですね。僕はあまりお勧めしないですけど。

「もう少し安くなったのでは?」という後悔はしたくない

購買活動であれば、どのような商品であれこのような心理状態は付いてまわります。

会社の帰り道にシャンプーを980円で買ったら、他のドラッグストアで800円で売ってた。こんな経験あなたにもありませんか?

不動産は同じものがないという性質を持つので、なおさら定価というものが無くこういった心理になりやすのかもしれません。

後悔しにくい物件という視点ではやはり希少価値がある、人気物件になるのではないでしょうか。あまり比較できる物件が少ないですから、そもそも適正価格が分かりません。

逆に後悔する可能性がある物件は適正価格である可能性が高い。本当に不動産って難しいですね。

宮田明典

***********************

正しい物件の選び方、教えます

≫ 住まいとお金の勉強会 ≪

***********************

知りたいことを検索してください

LINEで問い合わせや質問することが出来ます。友だち登録特典も盛りだくさん!

LINE@ 1カ月の集中学習プログラムを開催中!無料で参加できます!

今なら集中学習プログラムにご参加していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

プロが監修した、クイズ形式で楽しく学べるプログラムです。ぜひふるってご参加くださいませ。

『家探し攻略Book』今だけ!無料プレゼント中!

動画で学ぶことができます。チャンネル登録して最新情報をGET!

全国の不動産エージェントが探せるサイトです


  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、数多くの指名買いを受けている。年間100組以上の相談をこなしている。

-不動産

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.