不動産

木造一戸建で知っておきたい3つのこと

更新日:

オフィスのデスクより、

名古屋市で仲介営業をしていて、マンションと戸建の割合は、感覚的なものですが、7:3くらいでマンションが多い気がします。やはり名古屋市は都会の部類に入りますし、特に中心部ではマンションが中心になります。

それでも一戸建てにも根強い人気があり、探している顧客も多くいます。特に戸建の場合、エリアを絞って探す方が多く、中古戸建てに限らず、新築戸建てや土地なども探す対象になることもあります。

今日はそんな一戸建てを探す中でよく出回っている、木造住宅で押さえておきたいポイントをお伝えします。

1.旧耐震の物件に注意(~1981年5月)

1981年6月に大きな建築基準法の改正があり、この時を境に住宅の耐震性が大きく変わりました。一般的に、この年以降の物件を「新耐震」と呼ぶことが多く、それより前の物件については「旧耐震」と呼ばれています。

そして僕個人的には、よほど良い場所で無い限り、この木造の旧耐震物件はあまりお勧めしていません。木造住宅であれば理論上、リフォームなどで性能を向上することは出来るのですが、費用がかなりかかることが多いです。

2.現行の耐震基準は2000年6月から

実は木造住宅は、2000年6月にも建築基準法が改正され、耐震基準が厳しくなっています。ちょうどこの年より前に阪神大震災が発生し、1981年6月以降の「新耐震」と呼ばれた建物も倒壊したことがきっかけでした。

この改正が今も続き、現行の耐震基準を満たす物件は、築年数だけで言えば2000年6月以降に建築された物件ということになります。なので1981年6月以降の「新耐震」と呼ばれる物件でも、2000年5月以前までの物件については、念のため耐震診断、また耐震改修工事を行うことをお勧めしています。

3.居住性に直結!断熱性能

目に見えにくい部分で、尚且つ書類上で判断が付きにくいものに「断熱性能」があります。断熱性能は暮らしの快適さに直結します。

僕も最初に会社を立ち上げた時に入っていた事務所は、2階建て一戸建て住宅(軽量鉄骨造)の2階でした。11月に創業した会社だったのであまり最初は気が付きませんでしたが、夏場はエアコンを全開でつけても全く効かなく、とてもじゃないですが仕事になりませんでした。

この時に身をもって断熱性能の大事さを知った僕は、戸建の売買に携わる時は、インスペクションによって断熱性能もチェックするように提案するようにしています。

また新築の戸建であっても、断熱の施工ミスや施工不良というのは多く発生しています。見えない部分で、住んでからしか気づかないだけに、なるべく気を付けるようにしておきましょう。

以上簡単ですが、木造住宅を見る時のポイントを3つあげました。あなたも一戸建てをお探しなのであれば、是非これらのポイントに気を付けるようにしてくださいね。

宮田明典

P.S

マンションと違い、戸建は個別性が非常につよく、経験と知識の高いレベルで必要になります。当社は創業時は戸建の買取再販を主業としていたこともあり、戸建にたいする知見に自信があります。戸建をお探しの際は、是非当社のエージェントサービスをご利用ください。

>> スタイルイノベーションの仲介「HOUSECLOUVER」 <<

*******************

アットホームな雰囲気で住宅探しに欠かせない知識を身に付けましょう!

>> 住まいとお金の勉強会 <<

*******************



  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、多くの指名買いを受けている。

-不動産

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.