不動産

新築マンションはリスク?中古住宅で賢くリスク回避

オフィスのデスクより、

ここ最近首都圏では新築のマンションの成約件数が著しく低下しているそうです。原因としては地価上昇や建築費の高騰によるマンション価格の高騰です。

平均で5000~6000万円ほどという価格で、名古屋であればかなりいいマンションが買えます。しかも物価も高いし、給料が名古屋より飛びぬけていいわけでもない。

そんな背景もあってか、首都圏では中古住宅の流通量が新築を超えています。いよいよ時代は新築から中古住宅に変わりつつあります。

ここ愛知県でも、新築のマンション自体が減っています。マンションを建てられるような良い立地はほとんど既にマンションが建っているためでしょうか。

マンションに限って言えば中古マンションの方が新築を超えていそうなのですが、愛知県は新築の建売も多いので、まだしばらく中古住宅の時代には時間がかかりそうです。ただそう遠くない将来に逆転すると思います。

メディアを賑わせたマンション達

ここ最近は聞かなくなりましたが、少し前は欠陥マンションがニュースで大きく取り上げられていました。

実はこのようなマンションのネガティブなニュースはあまり表に出てきません。なぜならこういったニュースはマンションの資産価値に直結するからです。

あまり騒がれてしまうと、分譲会社にとっても住人にとっても損の方が大きくなります。

そんな背景もあり、普通は内々で済ませてしまうケースが多いので、先日の杭の問題は実は氷山の一角と言われています。

新築のマンションはババ抜き?

そもそも売主が非を認めないケースだってあります。あの世間を騒がせたマンションも最初はそうでしたよね。財閥系の潤沢な資金ですべて建て替えるというウルトラCで決着しましたが、ほんとにレアなケースだと思います。

大体の個人の体感的な感覚なので正確ではないと思いますが、100件に1,2件くらいの割合で何らかの建物のトラブルがあるような気がします。

この手のリスクを回避するためには、実は築10年くらいたった中古住宅を探すというのも手だと思います。

また欧米諸国では新築マンションは一か八かの博打的な物件として捉えられているところがあり、新築マンションよりも中古マンションの方が人気があります。

中古住宅がリスク回避になる理由

なぜ10年くらいなのかというと、まず施工上の欠陥はまず10年くらいまでの間に何らかの形で出てくることが多いです。

実際は外から見ただけでは分からないことも多いので、そのような時は総会の議事録を見るといいでしょう。総会の議事録では、毎月行われる定期総会などでどんな議題が上がっているかを見ることが出来ます。問題のある住人への対応だったり、それこそ施工不良に関わることだったり。

中古住宅は既に建っているものなので、実際の状況を知ることが出来るということはメリットだと思います。新築の場合はふたを開けてみないと分からない部分が多いので。

そもそも新築の場合は、竣工前に建つので完成まで実物を見ることすらありません。鳴り物入りのマンションだったのに中古として売られた時に案内して「案外しょぼいな」と思ったマンションもあります。

ちなみに総会の議事録は不動産仲介会社にお願いして取り寄せることが出来ます。

あなたも、ババを引いてしまわないように、賢くリスクを回避しながらいい買い物が出来るといいですね。

宮田明典

***********************

リスクを押さえて良い住宅購入をしたいのなら、、

≫ HOUSECLOUVER ≪

***********************

知りたいことを検索してください

LINEで問い合わせや質問することが出来ます。友だち登録特典も盛りだくさん!


『家探し攻略Book』今だけ!無料プレゼント中!

動画で学ぶことができます。チャンネル登録して最新情報をGET!

全国の不動産エージェントが探せるサイトです


  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、数多くの指名買いを受けている。年間100組以上の相談をこなしている。

-不動産

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.