知識・マインド

連絡の取り方にも時代の波が・・

オフィスのデスクより、

この仕事をしていると、色んな連絡手段があります。

電話は昔からありますが、固定電話のみの方もいれば、資料のやり取りは郵送で、なんて方もいらっしゃいます。

今あなたが見てくれている、電子メールなんかも、当たり前のように使われています。

またここ最近だと、LINEでのやり取りが増えてきています。

確実に連絡が取りやすい

人によってはLINE?なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、あまり抵抗がない人も多いように感じます。

僕も使っていて便利だなと思うのが、電子メールよりも確実に届くことです。

電子メールだと、たまに迷惑メールのフォルダに振り分けられていたり、他のメールに埋もれて見落としてしまったり。

だけど、LINEはそのようなことが少ないです。

そういう意味では便利だなと思います。

問い合わせなんかでも使われだした

ただLINEは知っている人同士が使うわけではなく、匿名性の高いツールでもあります。

また気軽に使いやすいのか、最近ではお問い合わせなんかでも使われています。

HOMESなんかでもLINE@での問い合わせが出来るようになっていて、そこから問い合わせもきます。

その他に、最近はうちの会社のホームページにもLINE@のバナーを貼っているので、そこからも問い合わせが来たりします。

本当に使っていて便利だなあと感じるこのごろ。

最近、ネットの記事なんかで、会社を休むときにLINEで連絡してくるのはどうなのか?といった議論を見かけます。

うちの会社では、結構普通にLINEでみんな連絡が来ます。

違和感もないくらいですが、会社によっては違うんでしょうね。

そうは言っても使うと、なかなかやめられない便利さもあります。

あなたは、LINEでのコミュニケーションはどのように感じますか?

宮田明典

P.S

もし「ちょっとしたことを聞きたい」とか、「わざわざメールや電話で問い合わせるのは」なんてお考えでしたら、是非当社のLINE@からお問い合わせください。

今なら友達登録をしてもらうと「住宅ローンで失敗しないための5つのチェックポイント」をプレゼントしています。

友達登録&LINEからお気軽にお問い合わせしたい方は以下のバナーからどうぞ

友だち追加

ちなみにLINE@では、友達登録をしただけでは、こちらからメッセージを送ることは出来ませんので、レポートのみ読みたい方もお気軽にご登録ください。

知りたいことを検索してください

動画で学ぶことができます。チャンネル登録して最新情報をGET!

全国の不動産エージェントが探せるサイトです

HOUSECLOUVER(ハウスクローバー)不動産エージェント

  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

不動産エージェントが探せるサイト「HOUSECLOUVER」の創業者兼CEO。全国の優良な不動産エージェントのネットワークを構築し、住宅業界にイノベーションを起こす傍ら、自身も現役の不動産エージェントとして活躍。 相談件数は毎年2〜300人にもなるトップエージェント。 現在は東京エリアと名古屋市周辺エリアに対応。

-知識・マインド

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2022 All Rights Reserved.