不動産

競売不動産ってどうなの?

更新日:

オフィスのデスクより、

競売不動産と聞いて、あなたはどんなイメージを持ちますか?

「怖い」「怪しい」などといったマイナスイメージがあるかもしれません。

確かに一昔前では、怖い人たちの居座りが普通にあったり色々トラブルも多かったのですが、近年では法律も改正され、一般の方も参加がしやすくなっています。

僕も買取再販の仕入れルートの一つとして参加していたこともありますが、落札結果をみていると個人の方が落札しているのも、ちょくちょく見かけるようになりました。

そうは言ってもやはり特殊な取引市場ですので、一般の取引とは色んな違いがあります。

内覧なしで物件を買う

例えば、内覧。

普通であれば、中を内覧して買うかどうかを決めますよね。

でも競売の場合は中を見ることが出来ません。

一応競売物件の情報サイトで写真が見れますが、それだけです。

だから買ってみないと分からないことが多くあります。

瑕疵担保責任はもちろん無し

通常の取引であれば、瑕疵(見えない部分の欠陥)に対する責任期間があります。

しかし、競売では物件を内覧することが出来ない上に、瑕疵に対する保証は一切ありません。

ある程度のことは想定しておかないといけませんが、想定以上のことが起こる可能性もあります。

競売に出されている物件なので、基本的に綺麗にされている可能性は低いと考えた方が無難です。

立ち退き交渉が難航することも

通常の取引であれば、引渡しと同時に家を買らの状態にしておきますよね。

でも競売の場合は自分のものになってもまだ人が住んでいたりします。

大半は裁判所からの引渡し命令文を送ってもらうことで退去するが、そうでない場合もあります。

原因は大半がお金なんですが、競売で家を取られてしまうくらいなので引越し費用すらもないことが多いです。

大体はいくらかお金を払って交渉すれば出ていってくれますが、稀にそれでも居座るケースもあります。

そういった時は強制撤去の手続きをするのですが、結構な手間と時間がかかります。

住宅ローンの支払いは始まっているのに住めないなんて笑えない事態に陥ることだって考えられます。

意外に安くない

これだけデメリットがあるので、それだけ安いのだろうと思うかもしれませんが、最近はそんなことありません。

参加しやすくなったということは、それだけ敷居が低くなってたくさんの人が参加することです。

その分金額も上がり、市場価格とそこまで変わらない価格で落札されていることもあります。

住宅探しの補助的な使い方ならいいかも

結局あまりメリットが無いじゃないかという話になってしまいそうですが、物件探しで欲しいエリアがある程度固まっているのなら、補助的に見てみるのはいいかもしれません。

もしかしたらお目当てのエリアの物件が出ているかもしれませんからね。

ただもし競売に参加するのであれば、自分だけで参加はせずになれたプロに必ずコンサルティングをお願いしておきたいところですね。

ネットで見てると競売の失敗談とか見ることも出来ます。

あなたも気になったら下記のサイトをチェックしてみてくださいね。

宮田明典

不動産競売物件情報サイト

http://bit.sikkou.jp/app/top/pt001/h01/

LINE@友だち登録キャンペーン中!

今ならLINE@に友だち登録していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

登録後、「プレゼント」とメッセージを送ってください。


  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、多くの指名買いを受けている。

-不動産

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.