知識・マインド

家の回遊性ってどういう意味?

オフィスのデスクより、

よく間取りの話などをするときに使う言葉で、「回遊性」というものがあります。

ポータルサイトにもたまに「回遊性のある間取り」と書かれていたりします。

知っていると不動産屋さんとしゃべったりする時にも便利なので、覚えておくといいかもしれません。

回遊性ってどういう意味?

回遊性とはその漢字が表すように家をぐるっと回れる間取りのことを言います。

間取り上で、動線がぐるっと円をかけることを表現したものです。

ちなみに動線とは、人が動くラインのことで、よく「家事の動線」などといったります。

家事は大体いくつものことを同時にやっているケースが多いと思うのですが、「回遊性」はこの「家事の動線」に結構な影響を与えます。

回遊性のある間取りのメリット

動線が少ないほど、室内での移動が楽になることから家事をする人にとっては楽になります。

回遊性があるということは、普通なら行ったり来たりしなければいけないところをぐるっと回れるので家事動線が少なくて済みます。

つまり多方面からアクセスできるようになります。

例を挙げると、洗濯物が置いてある洗面脱衣スペースに廊下からとキッチンからアクセスできるようになっていたり、ウォークスルークローゼットで部屋と部屋が繋がっているな物件どがあります。

キッチンと洗面脱衣スペースが繋がっていれば、本来なら廊下に出て洗面脱衣スペースに入らないといけないところが、そのままアクセスできるので、家事をするうえで非常に便利です。

また部屋に光が風の通り道も増えることになるので、澄んだ空間を保てるようになります。

回遊性のある間取りのデメリット

これだけ聞いていると、「なんかいいじゃん」となりそうですが、デメリットもあります。

まずお風呂場やお部屋が繋がっているというのはプライバシーの問題があります。

特に年頃のお子さんを持つ家庭なんかだと気にする方もいるのではないでしょうか。

他にも出入り口が増えるということは、家具の配置できる場所が減るということです。

家具を置いたところで出入り口をふさいでしまっては、せっかくの回遊性が無くなってしまいます。

あえて家具で回遊性を無くすといことはあるかもしれまんが。

いかがでしょうか?

回遊性のある中古住宅だと比較的建築年の新しい物件には多くみられたりします。

他にも回遊性の無い物件をリノベーションによって家事の動線を設計し直すこともあるかもしれません。

いずれにせよ、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で選んでいけたらいいですよね。

宮田明典

住宅購入セミナー

知りたいことを検索してください

LINEで問い合わせや質問することが出来ます。友だち登録特典も盛りだくさん!

LINE@ 1カ月の集中学習プログラムを開催中!無料で参加できます!

今なら集中学習プログラムにご参加していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

プロが監修した、クイズ形式で楽しく学べるプログラムです。ぜひふるってご参加くださいませ。

『家探し攻略Book』今だけ!無料プレゼント中!

動画で学ぶことができます。チャンネル登録して最新情報をGET!

全国の不動産エージェントが探せるサイトです

HOUSECLOUVER(ハウスクローバー)不動産エージェント

  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、数多くの指名買いを受けている。年間100組以上の相談をこなしている。

-知識・マインド

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2021 All Rights Reserved.