住宅ローン

住宅ローンの仮審査に通って本審査で落ちるのって、どんな時?

更新日:

オフィスのデスクより、

住宅ローンを利用するときは、事前申し込みと呼ばれる仮審査を行い、その後に本審査を受ける流れになります。

通常、仮審査に通っていれば本審査に落ちることはあまりありませんが、それでも年に1,2件はそのようなケースが発生します。

そこで、今日は仮審査に通って本審査で落ちるのってどんな時なのか、考えてみたいと思います。

住宅ローンの仮審査と本審査の違い

通常の金融機関であれば、保証会社を利用します。

保証会社のある金融機関の場合は、仮審査を窓口でもある金融機関が行い、保証会社が本審査を行います。

フラット35では、窓口となる金融機関が事前審査をして、フラット35を運営している住宅支援機構が本審査を行います。

事前審査では、主に返済比率や個人信用情報のチェックを行い、本審査ではさらに深い審査を行います。

このように、審査の種類はもちろんのこと、仮審査と本審査をする主体がそもそも違っている場合が多いです。

本審査で見るポイント

仮審査では必要書類も少なく、簡易的な審査ですが、本審査ではたくさんの書類の提出を求められ、仮審査の内容に間違いが無いかを確認していきます。

また健康状態や、物件の担保価値を判断していきます。

フラット35の場合は、仮審査の結果に「留保」という「可」でもなく「不可」でもない審査結果がありますが、これは仮審査をする金融機関が、個人情報や返済比率に問題はないが、転職後間もなかったりするなど特別な事情がある場合に適用されます。

その判断を住宅支援機構が行うのですが、フラット35は他の金融機関に比べて本審査で落ちる可能性が高いと言われています。

僕のお客さんでも、「なんでこの人が?」と思うような人が審査に落ちたりすることが稀にあります。

ですから通常、本審査は売買契約の締結後に行いますが、フラット35だけは本審査も契約前に通すことが実際の営業現場では多いように感じます。

仮審査で通って本審査で落ちるときは?

それでは仮審査が通っていたにも関わらず本審査に落ちてしまうケースは以下のケースです。

本審査に落ちてしまうケース

  • 健康状態が悪かった(団信に加入できなかった)
  • 物件の担保価値に問題があった
  • 仮審査に虚偽の申告があった
  • 仮審査の時と状況が変わっている
  • 個人信用情報に問題があった

おおよそこれらが本審査で落ちてしまうケースです。

健康状態については、申込者本人がそこまで気にしておらず、本申込の時に発覚するケースが割とあります。本人が大丈夫だろうと思っていても、保険の審査ではNGのこともあります。

団信に入れない方の住宅ローンは限られてくるので、あらかじめ健康状態に少しでも不安があれば、事前に仲介業者や銀行の担当者に相談するようにしましょう。

物件の価値担保に問題があるのは、違法建築が発覚するなど、物件そのものに問題がある場合です。最近では旧耐震の物件は受け付けてもらえない保証会社も増えてきました。

また仮審査の時に虚偽の申告をするのは論外ですが、転職があったり、途中で大きな借り入れをしたり、状況に大きな変化があった時も本審査で落ちます。

個人信用情報に関しては、最近では仮審査の時にチェックすることが増えてきましたが、少し遅延が発生している方の場合、仮審査が通っても本審査で落ちることもあります。

基本的には、本審査で落ちることは少ないものの、健康状態と個人信用情報関係で落ちてしまう方はたまにいらっしゃいます。

逆に事前に把握できていれば対策も立てようがあるので、ぜひ本審査で落ちてしまわないためにも、仲介業者や銀行の担当者としっかりコミュニケーションをとるようにしましょう。

住宅ローンで不安をお持ちの方もお気軽にご相談ください。

無料相談のお申込み - スタイルイノベーション株式会社
無料相談のお申込み - スタイルイノベーション株式会社

メールでのお問い合わせ お申し込みフォーム 物件が成約するまですべて無料です お名前必須 メールアドレス必須 電話番号必須 ご相談の内容必須 ※複数選択可 購入の相談住宅ローンの相談予算についての相談

続きを見る



  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、多くの指名買いを受けている。

-住宅ローン

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.