知識・マインド

自宅に投資するという考え方

更新日:

オフィスのデスクより、

自宅は「消費」ではなく、「投資」という観点を持ちましょう、というお話をよくさせていただいています。

家を買う目的は人それぞれで、家に求めるものも人それぞれですが、今日はぜひ、家を買うときに「投資」という考え方を持ちましょうというお話です。

自宅投資で、いったいあなたの人生に何が起こるのでしょうか?

自宅に投資するという考え方

最近、リセールバリューという買う時に売るときの価格を考える価値観が広まっていますが、それは「自宅を購入する」というよりも「自宅に投資する」という考え方が近いのかもしれません。

金利が低ければ、投資額が安く収まるという考え方が出来るので、投資と考えた時にも有利になります。

投資といわれると、どうしても儲けが出ることを考えてしまいますが、自宅の投資をするという観点でいえば、必ずしも売却益が出なくても十分です。

要は資産価値をいかに維持するかによると思います。

自宅投資がうまくいった例

たとえば、今2,000万円で買った自宅が、10年後に1,800万円で売れたとします。

この差額の200万円を10年で割ると年間当たりの住居費用が年間当たり20万円で住んだ計算になります。

月に直すとたったの17,000円弱です。

修繕にかかる費用や、マンションであれば管理費などを入れたとしても賃貸に比べればはるかに安いですよね。

さらに今は住宅ローン減税という制度があります。

年収やローンの残債額にもよりますが、平均的な家庭で毎年20万円ほど戻ってきます。

これが10年間続くので、10年はほとんど住居費がかからなかった計算になります。

この浮いた住居費はほかの教育費や貯蓄など、暮らしの豊かさに回っていきます。

賃貸では得られない投資効果

儲けそのものはありませんが、賃貸と比べて住居費用を安く抑えることが出来たという結果が自宅投資の効果ということになります。

また賃貸との差額が資産になっていると言うことも出来ます。賃貸では決して得られないメリットですね。

現在の日本は資本主義ですから、資本を持つ人が豊かになる仕組みになっています。

賃貸で払うお金はすべてその物件の所有者の収入になります。

資本というのは、この話で言えば「住宅」のことであり、持つ者と持たざる者で一生涯のお金の優位性は大きく変わってきます。

ただし、これからの時代はどんな住宅でも資産にはなりません。

自宅投資となるような資産(住宅)を選んでいくことが、人生をより豊かにしていくためのポイントになります。

他にもポイントは色々とありますが、この投資を味方につければ、きっとあなたの今後の生活も良くなることでしょう。

あなたも「自宅に投資」してみませんか?

宮田明典

P.S

この住宅ローン減税が続く限りは、10年ごとに住み替えるのが一番ベストです。ただお子さんの学校の関係などもあるので難しいところもありますが。

自宅投資の要点はリセールバリューです。より詳しく知りたい方は勉強会にも是非ご参加ください。

>> 住まいとお金の勉強会 <<


LINE@友だち登録キャンペーン中!

今ならLINE@に友だち登録していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

登録後、「プレゼント」とメッセージを送ってください。

  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、多くの指名買いを受けている。

-知識・マインド

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.