住宅ローン

最近の団信はすごいことになっている

更新日:

オフィスのデスクより、

日本で最も生命保険料が安いと言われている保険があります。それは住宅ローンを借りると入ることが出来る団体信用生命保険です。通常は略して団信、なんていい方をよくします。

金融機関によっては強制的に加入しなければいけないところも多いですけどね。

あなたは団体信用生命保険はご存知でしょうか?

お金を借りた人に万が一のことがあっても安心な制度

団体信用生命保険とは、銀行が債務者(お金を借りる人)が万が一の時があった時に、住宅ローンの支払いが滞らないように団体で保険に加入させる制度です。

お金が借りる人がたくさん借りるので、団体保険料の割引率がきいて結果的に安い保険料でそのメリットを享受できます。

もしお金を借りた人が交通事故でなくなってしまった場合、残された家族にとっては住宅ローンが保険で支払われるので、最悪住居費はかからなくなるという、ありがたい制度です。

そんな団体信用生命保険が最近では色々とすごい商品が出てきています。

死亡に限らず様々なリスクをカバー

生命保険といえば、基本的には亡くなった時が保険金が支払われる時です。しかし近年では医療技術も進み、それ以外へのリスクも出てきました。そう、癌(がん)をはじめとする働けなるリスクです。

そこで出てきたのが亡くなった時だけでなく、働けなくる就業不能のリスクも補てんしようという考え方です。

こういった背景から近年では、3大疾病をはじめとした傷病にかかって所定の状態を満たした場合に保険を適用するという商品も広く発売されるようになりました。

ただ団体信用生命保険はかなり金融機関ごとに特色が出ます。

最近発売されてすごいと感じた団信

いろんな住宅ローンに関わっていますが、ここ最近「おっ、すごいな」と思った商品があります。

それはとある銀行が提供している「7大疾病保障 ビッグ&セブン(Plus)」と呼ばれる商品です。

7大疾病とはがん・脳卒中・心筋梗塞の3大疾病の他に、糖尿病・肝硬変・慢性腎不全・高血圧症を加えたものです。

支払われる条件というのが色々と定められているのですが、この商品で金利上乗せ型と呼ばれるものがなかなかすごいです。

例えばがん(上皮内がんを除く)と診断されたら、住宅ローン残高が0円になります。

他にも脳卒中・急性心筋梗塞で入院したら、住宅ローン残高が0円になります。

これまでは、60日以上就業不能状態であることなど厳しい条件がありましたが、そういったものがありません。

例えば僕がこの仕事を始めた時の乳がんになる女性の率は25人に1人くらいだったのが、今では16人に1人くらいの率です。

なる人の確率が増えていく傾向にある現在社会においてこれはなかなかいいなと素直に関心しました。

補償と費用のバランスで

ただ、その分金利上乗せ分で0.3%がプラスになります。これを安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれになると思います。

ただただ金利が安いところに、という考え方もひとつですが、補償面もトータルで考えてみることも、ものの見方としては有りなのではないでしょうか。

あなたも補償と費用を比べたうえで、最適な選択が出来ればいいですね。

宮田明典

P.S

どこの銀行か気になる方は「住まいとお金の勉強会」にいらしてください。この勉強会ではネットで調べるよりもより賢く簡単に、住宅取得に関わる知識を身に付けることが出来ます。詳細は以下のリンクからご覧ください。

HOUSECLOUVER 「住まいとお金の勉強会」

LINE@ 1カ月の集中学習プログラムを開催中!無料で参加できます!

今なら集中学習プログラムにご参加していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

プロが監修した、クイズ形式で楽しく学べるプログラムです。ぜひふるってご参加くださいませ。


  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、多くの指名買いを受けている。

-住宅ローン

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.