住宅ローン

【2017年10月】フラット金利の動向は?

オフィスのデスクより、

毎月恒例のフラット35の金利情報です。

今月からはフラット35が大きく変わりました。

内容としては団体信用生命保険がこれまで別途料金になっていたのですが、今月からは金利組込になります。

なので、その分見た目の金利が高くなります。

その分、前月との比較がしにくくなるので、今回は前月比は省略します。

団体信用生命保険の詳細はこちらもご参照ください。

⇒ 進化するフラット35

フラット35の2017年9月の金利は以下の通り()内は前月比

返済期間 21年以上35年以下

融資率9割以下 金利1.36%~

融資率9割超  金利1.80%~

返済期間 20年以下

融資率9割以下 金利1.29%~

融資率9割超  金利1.73%~

 

個人的な感覚としては、団信保険料が0.3%弱ほど加算されたイメージです。

ちなみに三菱東京UFJ銀行で35年固定は1.35%です。

団信込みで、ワイドタイプであれば0.3%プラスなので、どうしても少し高めに映ります。

ちなにみフラット35の団信の内容はかなりグレードアップしています。

状況や団信の内容も加味しながら最適な選択をしていきたいですね。

宮田明典

知りたいことを検索してください

動画で学ぶことができます。チャンネル登録して最新情報をGET!

全国の不動産エージェントが探せるサイトです

HOUSECLOUVER(ハウスクローバー)不動産エージェント

  • この記事を書いた人

宮田明典

不動産エージェントが探せるサイト「HOUSECLOUVER」の創業者兼CEO。全国の優良な不動産エージェントのネットワークを構築し、住宅業界にイノベーションを起こす傍ら、自身も現役の不動産エージェントとして活躍。 相談件数は毎年2〜300人にもなるトップエージェント。 現在は東京エリアと名古屋市周辺エリアに対応。

-住宅ローン

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2022 All Rights Reserved.