知識・マインド

不動産取引でありがちなうっかりミス

オフィスのデスクより、

ここ最近、一気に寒くなりましたね。これまで暖かすぎたといのもあり、これが平年並みなのでしょうが、冬の寒さを改めて思い出しました。

そんな寒さが厳しくなる年末年始はでは、今年度中に住宅を購入したいと色々情報収集を始める方が多くなる時期です。

購入するには、引っ越しの費用とかは高くなるものの、物件量も増えるため選びやすくなる時期でもあります。

今日は特に取引において大きな問題になるようなことはないのですが、僕が出会ったよくありがちな「うっかりミス」についてお話してみたいと思います。

1.屋根の形状が「ストレート葺」

これは「ストレート」ではなく「スレート」葺(ぶき)が正解です。

何となくまっすぐな屋根とイメージを持ちますが、写真のように実際にイメージ通りなので、間違えられていることが多いです。

気がつかないことも多いくらい、地味な間違えです。

2.木造平屋建

あなたはどこが間違っているか分かりますか?

正解は「屋」→「家」です。これも地味過ぎてあまり気がつきません。

具体的な違いについてははっきりしていませんが、役所などに出す書類だと、間違いを指摘されます。

3.地籍100㎡

これは「籍」ではなく、「積」ですね。地籍という言葉は住所などを表す言葉になるので、全く意味が変わってきます。

ただ、変換すると出てくる文字が出てくるので、間違いの多い文字です。

4.陸屋根

これは漢字の間違えよりも、読み方です。よく「りくやね」と読みますが、実際は「ろくやね」と呼びます。

「りく」と読むと「陸地」などの意味合いになってしまうので、区別する意味合いで「ろくやね」と呼んでいたそうです。

しかし、ここ最近ではあまりこのことを知っている方も減って、むしろ「ろくやね」というと「?」という反応を受けることが大半です。

5.スタイルリノベーション

稀にありますが、当社の社名は「リ」でなく「イ」です。お客さまよりも、同業者に間違われることが多いです。

一文字違うだけでリノベーション会社のようになってしまいます。たしかにありそうな名前ではあるんですけどね。

是非あなたにも当社の名前と仲介サービスの名前をしっかり覚えていただけたら幸いです!

宮田明典

**********************

住宅の探し始めにぴったりな勉強会はこれです。

≫ 住まいとお金の勉強会 ≪

**********************

 

住宅購入セミナー

知りたいことを検索してください

LINEで問い合わせや質問することが出来ます。友だち登録特典も盛りだくさん!


『家探し攻略Book』今だけ!無料プレゼント中!

動画で学ぶことができます。チャンネル登録して最新情報をGET!

全国の不動産エージェントが探せるサイトです

HOUSECLOUVER(ハウスクローバー)不動産エージェント

  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、数多くの指名買いを受けている。年間100組以上の相談をこなしている。

-知識・マインド

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2021 All Rights Reserved.