住宅ローン

2017年6月のフラット35の金利動向は?

更新日:

オフィスのデスクより、

早いものでもう6月です。今月が終われば今年も半分が終わることになります。

僕はちょうどこの時期になると花粉症がひどくなり、お薬が欠かせません。

今日は金利動向についてですが、昨年トランプ政権が誕生し、財政緩和策をとるとの憶測から長期金利が上昇し、それにつられて住宅ローンの長期金利も上昇しました。

しかし、ここ最近では財政緩和策の実行も疑問視され始めてきています。

そんな中、6月の金利動向はどうだったのでしょうか。

フラット35の2017年6月の金利は以下の通り()内は前月比

返済期間 21年以上35年以下

融資率9割以下 金利1.09%~(+0.03%)

融資率9割超  金利1.53%~(+0.03%)

返済期間 20年以下

融資率9割以下 金利1.01%~(+0.03%)

融資率9割超  金利1.45%~(+0.03%)

前月より少し上昇しております。

とはいいながらも、前月は下げていたのでもとに戻ったような感じです。

相変わらず方向感に乏しく、上げたり下げたりを繰り返しています。

金利は契約時ではなく実行時のものになります。

ここのところ、毎月上がって下がってを繰り返しているので、来月は下げるかもしれないですね。

宮田明典



  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、多くの指名買いを受けている。

-住宅ローン

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.