知識・マインド

24時間換気システムって?

更新日:

オフィスのデスクより、

あなたは写真にあるようなものを見たことがありますか?

比較的新しいマンションや戸建てを見に行くと付いています。

実際の内覧の時に、「これ何だろう?」と怪訝そうな顔をして見ている人もたまにいます。

今回はこの「24時間換気システム」の機能や取りつけられている理由などをご説明します。

24時間換気システムって?

冒頭の写真は、「24時間換気システム」と呼ばれるもので、2003年以降の住宅には必ずつけられるようになったものです。

ちょうど僕が不動産をやり始めたころに出来た制度です。

従来の自然換気と違い、機械を使って強制的に空気の入替をするシステムです。

常に作動させておくことで、室内の空気が循環する仕組みになっています。

なぜ義務化されたのか?

24時間換気システムが義務化された背景として、住宅の性能が向上したことが挙げられます。

ちょっとどうゆうこと?と思われるかもしれません。

昔の住宅では、工法や建築資材についても風通しが良く通気性のある造りになっていました。

しかし次第に住宅の性能が上がっていき、徐々に高気密化していきました。

高気密化するということは暖房効率もあがり、冬は暖かく夏は涼しいくなるということです。

しかし通気性が悪くなることで、カビやダニ、その他建築資材から発生する有害物質などが住宅の外に逃げにくくなってしまうということが起こりました。

その結果、シックハウス症候群という健康被害が多く報告されるようになり、設置が法制度化されたという背景があります。

デメリットは?

この換気システムにより、ハウスシック症候群の報告が減り、一定の効果があったといえると思います。

換気システムは、一般的な住宅であれば、給気は自然で、排気を機械で行う、第三種換気方式が採用されています。

システム自体の値段が安く、費用も安いことから多く利用されています。

その他、給気・排気をともに機械で行う第一種換気方式や、給気を機械で、排気を自然で行う第二種換気方式の全部で三種類の方式があります。

どの方式であっても、やはり気になるのは常に電気で運転させることになるため、ランニングコストが発生することです。

第二種の方式であれば、室内結露の原因になることもあります。

気密性を備えた高性能住宅を手に入れるための必要経費といえばそれまででしょうか。

あなたもほとんど気にすることも少ないと思いますが、もし見かけたら思い出してくださいね。

宮田明典

 

LINE@友だち登録キャンペーン中!

今ならLINE@に友だち登録していただいた方に以下の特典をプレゼントしています。

  • 特別レポート『住宅ローンで絶対失敗しないための5つのポイント』
  • 特別セミナー動画『住宅風水セミナー』

登録後、「プレゼント」とメッセージを送ってください。


  • この記事を書いた人
宮田 明典

宮田明典

スタイルイノベーションの代表であり、トップエージェント。業界経験は10年以上に及び、購入者向けのバイヤーズエージェントとして、多くの指名買いを受けている。

-知識・マインド

Copyright© 【HOUSECLOUVER】スタイルイノベーションのブログ , 2019 All Rights Reserved.