知識・マインド

住宅購入は5W1Hを埋めていくと上手くいく!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オフィスのデスクより、

あなたは5W1Hということばを聞いたことがありますか?

学校で習ったこともあるかもしれませんし、実際に社会に出てからも、プレゼンやコミュニケーションなどで、この5W1Hは良く使われていますし、これを意識することで、上手く行くことが多いです。

そして、家探しにおいてもこの5W1Hというのは応用できるのじゃないかなと考えています。

5W1Hとは?

非常に基本的なことで恐縮ですが、5W1Hとは何かを改めて確認しておきます。

  1. Why(なぜ)
  2. What(何を)
  3. Where(どこで)
  4. When(いつ)
  5. Who(だれから)
  6. How(どのように)

順番は諸説ありますが、ここでは住宅探しに応用しやすい順番に並び替えてみました。あなたも、会社や学校などで一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

5W1Hを埋めていく

この5W1Hをあなたはすぐに埋めることが出来ますか?

住宅探しをしていく中で、これらを埋めることが出来ないのであれば、もう一度原点に戻って考え直してみる必要があります。

例えば、

1.Why(なぜ)

「家賃がもったいない」「子供が生まれた」「今の家がせまい」「子供の教育のいいエリアに引っ越したい」などなど、家を購入しようと思ったきっかけや、家を購入することで得たい暮らしのイメージなどがここに当てはまります。

2.What(何を)

マンションなのか戸建なのか、新築なのか中古なのか。購入するものはあくまで、Why(なぜ)を実現するためです。

3.Where(どこで)

どこで?という問いはエリアです。これは最初は決まっていなくても、物件を探す中で徐々に決まっていく場合も多いと思います。

4.When(いつ)

期限のことです。期限をある程度決めておいた方が、家探しは総じて上手く行くことが多いです。

5.Who(だれから)

どの担当者から購入するのか。不動産売買はだれから購入するかということは重要です。「宮田」であればうれしいですが、しっかりとした担当者を選びましょう。

6.How(どのように)

これは方法論です。弊社でお勧めしているのは、FPをやって家計破たんのリスクを減らし、Selfinを活用しながら物件探しをすることです。人や担当者によって変わりますが、目的を達成できる方法で探していきましょう。

住宅購入は5W1Hを埋めていくと上手くいく!?

住宅を探し始めの方は、ぜひこの5W1Hを考えるようにしてみてください。

すでに探し始めて時間が経っている方も、ぜひ立ち止まって考えてみてください。

基本的なことこそ、重要な割には忘れられがちです。ぜひこの5W1Hを埋めていきながら、より良い住宅購入が出来るようになっていただければと思います。

宮田明典

***********************

住宅購入の5W1Hを埋める時のご参考に、、、

≫ スタイルイノベーションの仲介「HOUSECLOUVER」 ≪

***********************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人気コンテンツ

メルマガ登録

  1. 不動産

    購入する家の地盤を簡単にチェック
  2. 知識・マインド

    不動産に「履歴書」が導入!?
  3. 知識・マインド

    独自アンケートを実施してみました【結果あり】
  4. 知識・マインド

    住宅ローン控除で気を付けたい、耐火建築物の見極め
  5. 知識・マインド

    不動産サイトから問い合わせをする時の3つのチェックポイント
PAGE TOP