業者選び

不動産会社の選ぶときに知っておきたい3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オフィスのデスクより、

住宅を購入するにあたり、何らかの形で必ず関わってくるのが不動産会社です。

しかし不動産会社ほどサービスの内容や質に格差がある業種もなかなかありません。

ここでは住宅購入で失敗しないために、不動産会社を選ぶ時にしっておきたいことを説明していきます。

知っておくべき不動産業界の仕組み

まず必ず知っておきたいのが、不動産業界の仕組みです。

不動産業界は「レインズ」という物件データベースシステムで繋がっています。

まず不動産会社は売主から物件を預かった場合、媒介契約の種類にもよりますが、基本このレインズに掲載しなければいけません。

実際にレインズには市場に流通している物件の9割以上が掲載されています。

そして買主から依頼を受けている不動産会社はこのレインズから物件を探して紹介していきます。

つまり不動産会社であれば、どこからでも同じ物件が購入できるようになっています。

であれば、物件探しよりも先に考えなければいけないのは不動産会社探しということになります。

不動産会社の得意分野を調べる

次に知っておきたいのが不動産会社の違いについてです。

不動産会社にも得意不得意があります。

中古住宅の場合は新築以上に取り扱いに慣れている必要があります。

特に中古戸建や土地については難易度が高いです。

実際に新築しか扱わない業者に中古住宅の仲介をお願いしても難しいでしょう。

ですから、不動産会社がどんな物件を取り扱ってきたか実績などを確認する必要があります。

方法としては、その会社のホームページやポータルサイトなどで、どんな物件を多く出しているかを見ながら判断していきます。

また実際に問い合わせて聞いてみるのも手だと思います。

住宅購入の秘訣は不動産会社選び

不動産先進国と言われるアメリカでは、エージェント(日本でいうところの営業担当者)選びが住宅購入において最も重要と認識されています。

日本よりもIT化も大きく進んでおりますが、やはり高額商品であるため、高度な知識で取引を安全に進めてくれるエージェントの重要性は今も変わりません。

アメリカにもポータルサイトはありますが、気に入った物件を見付けたらどこにお願いするかを探します。

日本でも同じように不動産仲介業者ならびに担当者を探すことが、住宅購入の成功の一番の近道なのではないかなと思います。

一生で一番高いと言われる買い物だからこそ、後悔しないように不動産会社選びは慎重に行いましょう。

あなたはお気に入りの不動産仲介業者は探せていますか?

宮田明典

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人気コンテンツ

  1. 知識・マインド

    低層マンションは地震に強いって本当?
  2. ライフプラン

    ライフステージから家を買うタイミングを考えてみた
  3. 知識・マインド

    家で暮らしを豊かにするために
  4. 業者選び

    迫りくる1000万戸の空き家から考える、これからの不動産選びに絶対押さえたい2つ…
  5. 知識・マインド

    不動産を購入する時の「持分」はどうやって決める?
PAGE TOP