不動産

駐車場の空が多いマンションも考えもの

オフィスのデスクより、

先日家内の実家にお邪魔したときのこと。

家内の実家は名古屋市内のJRと地下鉄が止まる駅から歩いてすぐのところにありマンションです(うらやましい)。

築10年くらいのマンションです。

設備もそれなりに揃っています。

新築で買ったそうですが、立地から言えばまだそれなりの価値は付きそうです。

と、いけないですね。

職業病でしょうか、すぐに変なことを考えてしまいます。

ご両親は車に乗っているのですが、話の中でこんなことを言っていました。

「最近駐車場が結構空いているんだよね」

聞くところによると、そのマンションの駐車場は機械式になっていて、マンションの裏手にあります。

ただ今は空きがちらほら目立つようです。

正直名古屋市はトヨタのお膝下といのもあるせいか、駐車場はいつも足りていないイメージでした。

実際物件を紹介していても、駐車場がネックになってしまうことが多々あります。

しかし、割と最近のマンションでは敷地の広さの関係から機械式のところが増えています。

ただ、今回の嫁の実家のように場所が良すぎると、駐車場をもつ必要性が随分低くなるのかもしれません。

しかも最近ではシェアリングカーも増えてきているため、持たない方が人によっては全然経済的だったりします。

ちなみに当社でも僕の車以外はすべてシェアリングカーです。

色々と比べてみたのですが、圧倒的にシェアリングカーの方がお得でした。

大体のところは電車で行けますし、小さなお子様がいればともかく、そうでなければ無くても不自由しないですもんね。

ところでこういったマンションの駐車場が空いているのは、乗っている方にとってはいいかもしれませんが、色々と問題もあります。

まず駐車場が空くことの問題点として、マンションの管理組合費の会計への影響でしょう。

マンションの管理にかかる費用は管理費と駐車場収入から成り立っています。

ある程度空車が出てもいいように計算はされていますが、あまり空きが多すぎるとマイナスになり、結果として管理費の値上げにつながりかねません。

特に機械式は管理にかかる費用や修繕にかかる費用が、普通の駐車場に比べて余分にかかるので注意が必要です。

しかも機械式の駐車場はサイズにも制限がありますし、出し入れが手間だったりもするのであえて外の駐車場を借りている人も多いかもしれません。

実際僕の住んでいるマンションも機械式ですが、面倒くさいです。

車をしまったのに忘れ物をしてしまった時や、他の人が出し入れをしているときに待たなければいけなかったり。

今後駐車場の利用ニーズがあるかどうかにもよりますが、マンションの多い都市圏では今後高齢化も進んでくるので、駐車場の空問題というのは、案外根深い問題になってくるかもしれませんね。

宮田明典

人気コンテンツ

  1. リフォーム・リノベーション

    新築プレミアムならぬリノベーションプレミアムに気を付けよう
  2. 知識・マインド

    新築マンションはリスク?中古住宅で賢くリスク回避
  3. 住宅ローン

    住宅ローンの金利を考えるなら「実質金利」に注目
  4. 知識・マインド

    マンション格差で失敗しないために
  5. 未分類

    不動産業界のビッグニュース
PAGE TOP