ライフプラン

新しい老後の選択肢

オフィスのデスクより、

増加するリバースモーゲージ

 

ここ最近、家を現金化する「リバースモーゲージ」が急増しております。

リバースモーゲージとは、自宅を担保にしてお金を借りることです。

お金の使途としてはあくまで老後の生活費用なので、利用できる年齢が一定以上であるなどの条件があります。

なぜ、このリバースモーゲージが増加しているのでしょうか?

その秘密はこの仕組みにありました。

リバースモーゲージのメリット

 

例えば持ち家を持っている人が、生活費が年金だけで賄いきれなくなった場合、不足分をどうするかという問題が発生します。

これまでであれば、持ち家を手放すことで現金化し、賃貸で暮らしながら売却資金を生活費の不足分に充てていくことが普通でした。

しかしこのやり方では次の問題が想定されます。

・これまで暮らして生活環境が変わってしまうこと

・そもそも年配は賃貸物件が借りにくい

こうした理由から二の足を踏む人が少なからずいました。

しかし、このリバースモーゲージというのは、自宅に住みながらにして自宅を現金化する方法なのです。

返済は、将来所有者とその配偶者が亡くなって家に住まなくなってから家を売却し、一括返済をします。

つもり、利息は発生していますが、生きている間は返済の義務がないということなのです。(金融機関によっては金利のみ支払もあります)

子供はいるが、もう他で家を持っていたり、子供がいない家庭で亡くなった後に家が必要ないという世帯にとっては、ゆとりある老後生活のために現金を用意することが出来る有効な手段です。

リスクや注意点は無いのか?

 

ただしいい話ばかりではありません。もちろんリスクや注意点はあります。

・資産価値を上限とするため、自宅の資産価値によって借りられる金額が大きく変わる。

・マンションでは一部地域に限られる

・金利上昇や資産価値低下のリスク

・想定以上の長生き

これらの事をよく加味した上で、将来のライフプランニングの設計が大事になることは言うまでも有りません。

いずれにしても、リバースモーゲージを利用するにしろ、将来売却するにしろ、将来の資産価値がモノを言うのは言うまでもありません。

購入時に出口戦略を立てるリセールバリューという考え方を持ちたいですね。

宮田明典

P.S

よく賃貸と持ち家のどちらがいいかという議論がありますが、僕個人的にはライフプランの幅広さで行けば断然持ち家だと思います。

資産価値が将来的にも見込める立地と、保全管理が大きなポイントになってきそうですね。

人気コンテンツ

  1. 業者選び

    家を買う理由を具現化する営業マンとは?
  2. 知識・マインド

    住宅ローン減税について知ろう
  3. セルフインスペクション

    物件探しにもAIを活用する時代
  4. ライフプラン

    買える住宅の価格を知ろう
  5. 業者選び

    不動産営業マンの本当のところを知っておこう!
PAGE TOP