未分類

派手に風邪を引いてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自宅の書斎より、

 

木曜日の朝、いつもどおり空が明るくなる時間に起きようとすると、なんだか少し体に違和感を持った。違和感といっても、なんか筋肉痛のような。

最近からだ動かしたっけな?月曜日にスイミングしたかな。思い浮かぶのはそれくらい。まあ、自分のことだからきっと途中床とかで寝てたんだろう(家内曰く、たまにあるそうですw)と思い支度をして仕事に向かいます。

そこからまた仕事をこなすのですが、時間が経つにつれて違和感が明らかに確信に変わっています。ああ、これ、風邪で関節いたくなるやつ。

あなたもこんな経験があるはず。風邪をひいたのかもと気がついても、認めたくない。でもほんとに風邪なのだ。それは疑いようのない事実なのだ。

昼すぎまでにどうしてもやらなければいけないことを済ませてしまい、従業員に事情を説明し、後の仕事を頼んで僕は帰路につきました。

最近無理してたからちょっと疲れたんだろう。今日一日寝れば治るだろう。

そう、僕はタカをくくっていました。しかし、それはこれから起こる悲劇の序章に過ぎませんでした。

家に帰ったころ体の節々の痛みはかなりキツくなっていて、寒気もしていました。熱を計ると37.6℃。とりあえず温かい恰好をして寝よう。そうして寝始めると、病魔がまってましたとばかりに襲い掛かってきました。

途中で食欲もわかず、立ったり電話やメールに対応することもままならず、体温計で計る熱も、38.5℃、39.7℃、そしてとうとう夜の何時間は記憶にありませんが、40.3℃。

僕は扁桃腺もちなので、たまにこれくらいの高熱は出ます。ただ今回はしんどさが半端ない。なんというかしんどさで言えば、インフルエンザ級です。

結局朝になって少し熱はひいたものの、翌日会社に行くことは出来ませんでした。そして昼前ごろ、ようやく動くようになった体で近所のかかりつけのお医者さんのところに行きました。

まず口を開けて喉を見てもらいます。「ああ、扁桃腺がかなり腫れちゃってるね~。これが今回の熱の原因だね。あ、それと溶連菌の検査をしておこうか?」

出ました。溶連菌。もしあなたのところに小さなお子さんがいれば聞いたことくらいはあるかもしれません。よく小さな子供がかかる伝染病みたいなものです。

ただ子供の場合、そこまで症状は重くないので感染力だけが問題になったりするそうなのですが、これを大人がなってしまうと重症化しやすいのです。また色々な合併症を起こしやすいので抗生剤を出された日数分何があっても飲まなければいけないのです。

実は以前にも同じ症状がでたことがあるので、何となく病気の正体が分かったことで安心しました。とはいっても今回は周りに溶連菌なんていなかったような気もするので自分の体内に残っていたのかもというまた別の問題をはらんであはいるのですが。

とりあえず、金曜日もゆっくり休息し、案の定、土曜日には安定してきたので、土曜日は仕事をしました。そして夜、また溶連菌の病魔が襲ってきました。熱はあがり、今度は顔全体に痛みが走るようになり、夜は結局一睡もできませんでした。

翌日は子供たちの運動会で本当に楽しみにしていたのですが、無念でしたがキャンセル。本当に散々でした。ブログもいまようやく書くことが出来ています。何日ぶりでしょうか。

こうなると本当に健康の大切さを痛感します。これからは不摂生はあらため、運動もちゃんとして健康な体作りをしていこうと切に思いました。

しばらくは溶連菌の合併症の治療に病院に通う日々が続きそうですが、またブログは再開していきたいと思います。

あ、結局不動産のこと、なにも書いてないですねW また明日からブログ再開します。
宮田 明典

P.S

僕が発症した合併症は急性副鼻腔炎。とりあえずは投薬治療ですが、僕の鼻は真っ赤に大きく腫れあがっています。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人気コンテンツ

メルマガ登録

  1. 知識・マインド

    将来売れる家の見分け方
  2. リフォーム・リノベーション

    試験的な【フラット35】リノベ、始まる
  3. 知識・マインド

    戸建てにも修繕積立金を!?
  4. 業者選び

    なぜどの不動産業者も同じ物件を紹介できると言うの?
  5. 不動産

    競売不動産ってどうなの?
PAGE TOP